きっと分かる!通信制高校のアレコレ

通信制高校は学校に通わなくても高校卒業資格を取得できます

今、不登校で高校に進学できなかったり、いじめ問題などで高校を退学してしまった人も中にはいます。また、中卒で働いたもののやはり高校卒業の資格は必要だと気が付いて学びたいと思う人もいます。そんな人たちのためにも毎日通わないでも自分のペースで高校の勉強を進めて行くのが通信制高校です。通信制高校では、学年よりも単位制を採用しているところが多く、単位性であれば最短で3年で卒業し、長い方だと10年ぐらいかけて卒業する方もいます。通常は、学校からレポートを出されて、それを家でやることが中心になります。今までは、教科書で勉強して、課題をレポートにして郵送すると言う形が主流でした。最近、インターネットの普及によってeラーニングを取り入れている学校もあります。

通信制高校でも学校に行かなければならない時はあります

通信制高校とは言っても学校に行かなくてはならない時はあります。それは、スクーリングと言われる先生との面接での学習です。一人で学習しているとわからないことは出てきて当たり前です。ですから、スクーリングの機会にわからないことを先生に質問し、学習に役立てることができます。月に2回がスクーリングとしている通院制高校が多いですが、一つの時期に集中して行ったり、あるいはもっと登校が多かったりと学校によって様々です。ただ、通信制高校は、自分の意思で勉強を進めなくてはいけないので、途中で挫折する方も少なくありません。適度にスクーリングの機会に学校に行くことで同じく通信制高校で学んでいる仲間がいることを意識しながらがんばりましょう。

© Copyright Providing Advanced Education. All Rights Reserved.